任意整理のメリット
・デメリット

ホーム >サービス一覧 >任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリットとデメリット

任意整理はメリットも多いのですが、デメリットも多くございます。任意整理した後に「そんなデメリットがあるとは思わなかった…」とならない為にもしっかと理解しておくことが重要です。司法書士ヤマト・行政書士ヤマトでは任意整理のデメリットを包み隠さずご説明いたします。ご相談は無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

任意整理の
メリット・デメリットの比較表

メリット デメリット
財産を処分しなくても良い 任意整理する債権者を選択できる 手続きが簡単で家族にバレにくい ブラックリストに登録される 結局、自己破産しなければならない 多くの費用と時間がかかる場合がある

任意整理のメリット

財産を処分しなくても良い
自己破産では財産を処分しなければなりませんが、任意整理では財産を処分する必要がございません。自宅や車(ローン支払い中でもOK)などは、そのままお手元に残すことができます。
任意整理する債権者を選択できる
自己破産や個人再生では特定の債権者だけに弁済することは禁じられておりますが、任意整理では複数の債権者の中から、任意整理する債権者と任意整理しない債権者を選択することが可能です。どのようなメリットがあるかといいますと、保証人がいる借金、住宅ローン、オートローンなどの担保がある債務だけは通常の弁済を行い、担保がない債務だけを任意整理することが可能です。このようにすれば担保の実行を免れ保証人に迷惑がかからず財産も残すことができます。
手続きが簡単でバレにくい
自己破産や個人再生では世帯収入・世帯支出・退職金・生命保険解約返戻金など裁判所に申告しなければならない関係で家族や職場に協力していただく場合もございますが、任意整理ではそれらの申告の必要はございません。つまり家族や職場にバレにくいというメリットがございます。

任意整理のデメリット

ブラックリストに登録される
任意整理も債務整理のひとつなので信用情報機関に登録されてしまうことになります。いわゆるブラックリストの登録されてしまうのです。ブラックリストに登録されてしまうと5~7年間は新たにお金を借たり、クレジットカードを作ることはできなくなります。
結局、自己破産しなければならない
任意整理の手続きにより借金が減額となったが、結局支払えず改めて自己破産の手続きをしなければならなくなった。という方も少なくありません。借金整理で重要なことは生活の再建です。任意整理(借金減額)を行うことにより、家計の収支のバランスが上手く安定すれば良いのですが、任意整理を行っても家計の収支のバランスが改善されない方もいらっしゃいます。そうすると、先ほど述べたとおり結局は自己破産を検討しなければならないということになるのです。結果、自己破産となると「任意整理後の支払い分」「弁護士や司法書士の報酬」などの無駄な出費が増えてしまう場合があるので注意が必要です。
多くの費用と時間がかかる場合がある
任意整理のお手続きで、全ての借金を整理する場合、全ての債権者と和解交渉しなければなりませんが、全ての債権者が素直に和解交渉に応じていただけるとは限りません。当然、和解が難航することもございます、そうなると全ての債権者と和解交渉が成立するまでに多くの時間がかかる場合もあるのです。また1社でも和解交渉に応じていただけない場合には自己破産や他の債務整理の方法を検討しなければならない場合がございます。結果、自己破産や他の債務整理の手続きとなると、先に任意整理が成立した債権者との「任意整理後の支払い分」や「弁護士や司法書士の報酬」など無駄な出費が増えてしまう場合があるので注意が必要です。

債務整理は慎重に!

任意整理は他の借金整理と比べ手続きが簡単です。つまり専門家にとっても依頼を受けやすく営業利益率が高い借金整理手続きでもあるのです。

そのせいか相談者の利益や生活再建を考えず、単純に任意整理だけを勧めてくる専門家がいるというのが残念でなりません。結果、自己破産や個人再生の手続きをすることになり、任意整理が無駄になったという方も少なくないのです。

借金整理をしたら「逆に専門家に貪り尽くされた(むさぼりつくされた)…」とうお話もあるくらいです。

司法書士ヤマト・行政書士ヤマトではご相談者様の利益と生活再建を第一に考えたお手続きをいたします。全ての情報を包み隠さずお伝えいたしますのでご安心してご相談下さい。

任意整理についての
事前知識

任意整理をお考えの方は
次の各ページを
ご覧いただくことを
お勧めいたしております。

任意整理

任意整理を徹底対応!大阪市で任意整理手続きなら任意整理手続き支援センターにお任せ下さい。大阪駅/梅田駅近く。土日祝も9時~20時まで対応。任意整理のご相談は何回でも無料です。

任意整理の専門サイト
電話をする
お問合せ
↑ページ
トップへ