自己破産のメリット
・デメリット

ホーム >サービス一覧 >自己破産のメリット・デメリット

自己破産のメリットとデメリット

自己破産はメリットも多いのですが、デメリットも多くございます。自己破産した後に「そんなデメリットがあるとは思わなかった…」とならない為にもしっかと理解しておくことが重要です。司法書士ヤマト・行政書士ヤマトでは自己破産のデメリットを包み隠さずご説明いたします。ご相談は無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

自己破産のメリット・
デメリットの比較表

メリット デメリット
全ての債務がなくなる。 財産を処分しなければならない。 ブラックリストに登録される 保証人に迷惑がかかる

自己破産のメリット

借金が0円になります。

任意整理や個人再生では全ての借金を0円にすることはできません。時効援用や相続放棄で借金が0円になる場合もございますが条件が整うことが必要です。

やはり借金が0円になるということは大きなメリットです。自己破産というお手続きに躊躇する方も多いかと思いますが、自己破産で生活再建され老後資金などの計画を立てられる方も多くいらっしゃいます。

自己破産のデメリット

最大のデメリットは財産(家など)の処分と保証人に迷惑がかかることです。

財産の処分
大きな問題は持家の処分です。資産については現金99万円と20万円以下の資産は残すことができます。持家がある方はこちらを参照にしてみてください。
生命保険に関して
解約返戻金も資産とみなされますので返戻金見込み額が20万円以上の保険についてはは解約しなければなりませんが、特別な事情がございましたら解約せず残すこともできます。
退職金に関して
退職金見込額の8分の1が清算の対象となります。もちろん退職する必要がございませんが退職金見込額の8分の1が20万円を上回る場合、その金額を納める必要があります。
車に関して
資産価値20万円以下の車に関しては処分する必要はございません。車の資産価値ですが中古業者の査定が基準となります。ただし、通常の国産車であれば6年経過(軽は4年経過)で資産価値20万円以下とされています。
保証人について
保証人がいる場合には、その保証人が債務を弁済しなければなりません。保証人の資産や生活状況等を判断し自己破産するか否かの判断をしなければならないでしょう。
ブラックリストについて
ブラックリストに登録されることもデメリットですが、他の債務整理(時効援用と相続放棄を除く)でもブラックリストに登録されるので、自己破産だけが特別大きなデメリットという分けではございません。

財産の処分と保証人の問題さえクリアできれば、自己破産によるデメリットは通常それほど大きなものではありません。

他の債務整理との
違いについて

自己破産は借金が0円になることが最大のメリットです。ただ、デメリットもございますので他の債務整理の方法と比較する事が重要です。と申しましても個人で判断されるのは危険です、実務経験豊富な専門家にご相談されることがベストでしょう。

他の債務整理手続きとの違いについてはこちらをご参考下さい。

司法書士ヤマト・行政書士ヤマトでは他の債務整理の方法のご説明から自己破産のメリット・デメリットを十分にご説明させていただいておりますのでご安心下さい。

自己破産についての
事前知識

自己破産をお考えの方は
次の各ページを
ご覧いただくことを
お勧めいたしております。

自己破産

自己破産を徹底対応!大阪市で自己破産手続きなら自己破産手続き支援センターにお任せ下さい。大阪駅/梅田駅近く。土日祝も9時~20時まで対応。自己破産のご相談は何回でも無料です。

自己破産の専門サイトへ
電話をする
お問合せ
↑ページ
トップへ