個人再生の基礎知識

ホーム >サービス一覧 >個人再生の基礎知識

個人再生の基礎知識

このページでは個人再生における基本的な知識を分かりやすくご説明させていただいております。全部お読みいただいても5分かかりませんので一度お目を通していただければ幸いです。個人再生に関して「詳しい内容を事務所で直接聞いてみたい。」という方はご相談を無料でお受けいたしておりますのでご遠慮なくお問合せ下さい。

個人再生とは?

裁判所を介して、支払いきれなくなった借金を一定の基準に基づいて減額し、3年(例外5年)の分割払いにする方法です。個人再生の手続きによって、債務を大幅に減額することができます。

住宅が残せるのが大きなメリット

個人再生手続きで住宅資金貸付債権の特則を利用すれば、住宅を手離すことなく、住宅ローンを除いた債務を減免することが可能となります。

※減額基準額
(個人再生による債務の圧縮率)

100万円未満 減額なし
100万~500万円 100万円
500万~1500万円 5分の1
1500万~3000万円 300万円
3000万~5000万円 10分の1

任意整理との違い

任意整理とは異なり、裁判所により強制的に借金が減額されます。任意整理の手続きをしても、返済していくことが困難な方にとって魅力的な方法でしょう。

任意整理の詳しい内容はこちら

個人再生すると
毎月の
返済額はいくらになる?

返済額の例

借金 毎月の返済額
300万円 2万8000円
500万円 2万8000円
700万円 3万9000円
900万円 5万円
1100万円 5万5000円

金利がかからない分、毎月の支払が現実的な額にまで減額となるのが見て取れるかと思います。住宅を残す場合には、上記の返済額+住宅ローンが毎月の支払い金額となりますが、家賃等のことを考えると住宅ローン支払いの方が経済的な負担が少ない場合もあるでしょう。

個人再生の要件は?

個人再生手続きを利用できる債務者は、次の①~③の要件を全て満たす個人に限られています。また、給与所得者等再生を利用するには、①~④の要件を全て満たす必要があります。

給与所得者等再生の詳しい内容はこちら

  1. 経済的に窮地のある個人
    個人再生手続きは、経済的に窮地にある「個人」の再生を目的とするものです。
  2. 将来において継続的に
    または反復して収入を得る見込み

    継続的または反復して収入を得る見込みがない人は、個人再生手続きを利用できません。
  3. 住宅ローン等を除く負債総額が5,000万円以下
    住宅ローン等、一定の債権を除く負債総額が5,000万円を超えている場合は、個人再生手続きを利用できません。
  4. 給与またはこれに類する定期的な収入であって、その額の変動幅が小さいこと。

個人再生以外の
解決方法との違いは?

任意整理との違い

個人再生は任意整理と異なり、裁判所により強制的に借金が減額されます。任意整理の手続きをしても、返済していくことが困難な方にとって魅力的な方法でしょう。

任意整理の詳しい内容はこちら
自己破産との違い

自己破産は借金が0円になりますが、全ての財産を手離さなければなりませんが、個人再生では財産を手離す必要がなく手元に残すことができます。

自己破産の詳しい内容はこちら

個人再生の費用

司法書士報酬 28万円~
裁判所への
納付金
お問合せ下さい。
住宅ローン
特則の利用
+7万円~
雑費 5,000円~
その他 ・初期費用なし
・成功報酬金なし

費用の分割払いについて

自己破産では着手金0円・相談無料・費用の分割払いに対応いたしております。

個人再生の手続きに着手をいたしますと、借金の支払いがストップいたします。支払いがストップすることにより金銭的な余裕ができましたら、毎月、ご負担のかからない程度で各費用をお支払いいただきます。

個人再生申立てまでの流れ

STEP1

無料相談

STEP2

ご依頼

STEP3

督促・差押
・支払のストツプ

STEP4

債権や資産など
の事前調査

STEP5

個人再生手続き
の選択決定

STEP6

個人再生の
申立て

STEP7

再生計画案の
提出

STEP8

個人再生の
認可決定

STEP9

支払い

個人再生についての
事前知識

個人再生をお考えの方は
次の各ページを
ご覧いただくことを
お勧めいたしております。

個人再生

個人再生を徹底対応!大阪市で個人再生手続きなら個人再生手続き支援センターにお任せ下さい。大阪駅/梅田駅近く。土日祝も9時~20時まで対応。個人再生のご相談は何回でも無料です。

個人再生の専門サイトへ
電話をする
お問合せ
↑ページ
トップへ