相続放棄のメリット
・デメリット

ホーム >サービス一覧 >相続放棄のメリット・デメリット

相続放棄のメリットとデメリット

相続放棄はメリットも多いのですが、リスクやデメリットも多くございます。相続放棄した後に「そんなリスクやデメリットがあるとは思わなかった…」とならない為にもしっかと理解しておくことが重要です。司法書士ヤマト・行政書士ヤマトでは相続放棄のリスクやデメリットを包み隠さずご説明いたします。ご相談は無料となっておりますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

相続放棄のメリット・
デメリットの比較表

メリット デメリット
全ての相続債務を放棄できる。 税金や不動産も放棄できる。 ブラックリストに登録されない プラスの相続財産も放棄しなければならない。 相続の連鎖が発生する可能性がある 相続放棄をした後に遺産の管理義務を問われる場合もある

相続放棄のメリット

負債を全て放棄(0円)にすることができます。

相続放棄は負債・税金・固定資産税だけかかる不動産・保証債務など、あらゆる相続負債の全て放棄することができます。 自己破産では税金や後に発生するかもしれない保証債務までを0円にすることはできません。

消滅時効は、現在判明している債務は0円にできるかもしれませんが、判明していない債務については将来請求があった時に支払わなければならないなど多くのリスクがございます。

相続放棄は「相続した債務」とかなり限定的ですが、要件を満たせるのであれば、一番に利用すべき方法だといえるかもしれません。

相続放棄のデメリット

最大のデメリットはプラスの相続財産も放棄しなければならないことでしょう。

プラスの相続財産がある場合
基本的には、プラスよりマイナスが多いようであれば相続放棄した方が良いかと思います。ただ、プラスの遺産をどうしても手放したくないという方は、相続放棄せず、相続した債務を消滅時効や任意整理など、他の債務整理の方法で解決することも可能です。 また、プラスとマイナスのどちらが多いか検討もつかないという方は限定承認という方法でお手続きすることも可能です。
相続の連鎖が発生する
可能性がある
配偶者や子供が相続放棄をすると兄弟に相続が移転するという単純な連鎖であれば大きな問題にならないのですが、連鎖から連鎖と複雑な相続連鎖となる場合もございますので注意が必要です。
詳しくはこちら

他の債務整理との
違いについて

相続放棄は全ての相続債務を放棄できるのが最大のメリットです。

ただ、デメリットもございますので他の債務整理の方法と比較する事が重要です。と申しましても個人で判断されるのは危険です、実務経験豊富な専門家にご相談されることがベストでしょう。
他の債務整理手続きとの違いについては
こちらをご参考下さい。

司法書士ヤマト・行政書士ヤマトでは他の債務整理の方法のご説明から相続放棄のメリット・デメリットを十分にご説明させていただいておりますのでご安心下さい。

相続放棄についての
事前知識

相続放棄をお考えの方は
次の各ページを
ご覧いただくことを
お勧めいたしております。

相続放棄

相続放棄を徹底対応!大阪市で相続放棄手続きなら相続放棄手続き支援センターにお任せ下さい。大阪駅/梅田駅近く。土日祝も9時~20時まで対応。相続放棄のご相談は何回でも無料です。

相続放棄の専門サイトへ
電話をする
お問合せ
↑ページ
トップへ