相続放棄のQ&A

ホーム >サービス一覧 >相続放棄のQ&A

相続放棄のついてのご質問

相続放棄に関してよくあるご質問の一例です。相続放棄をお考えの方は債務への不安もございますし、実際の相続放棄とはどのような手続きなのか?など分からないことだらけかと思います。司法書士ヤマト・行政書士ヤマトでは相続放棄に関しての無料相談を実施いたしております。相続放棄のことを詳しく知りたいという方はお気軽にお問い合わせ下さい。

3カ月~数年経過している場合でも相続放棄できる?

相続放棄+債務整理の専門家にご相談されることが重要

死後、数年経過していても、遺産を受け取っておらず、債権者等からの通知があってから3カ月以内であれば相続放棄を受理していただける可能性は高いといえます。

債権者からの通知がない場合でも、相続放棄ができないわけではございません。ただし、しっかりした事情説明書(上申書)を作成し申立てした方が良いでしょう。
遺産を受け取ってしまっている方も、ご自身で判断せず相続放棄+債務整理の専門家にご相談されることが重要です。遺産を受け取った程度の問題もございますし、他の債務整理の代替え案などが必ずあるはずです。

相続財産が一切不明だが相続放棄した方が良い?

財産の調査をすることもできます

相続財産が不明の場合には、相続放棄の申述の期間伸長(3カ月延長)のお手続きをし、財産の調査をすることもできます。(ただ完全に把握することは不可能だとお考え下さい。詳しくは次の項目をご参照下さい。)

また限定承認というお手続きもございます。※限定承認とは相続した財産の限度内で負の遺産も承継する方法です。
当事務所では限定承認手続きも承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。

どれだけ借金があったか調べることはできる?

完璧に調べることは不可能です

ある程度は調べることはできますが、完璧に調べることは不可能です。借金を調べる方法としては信用情報機関(CIC・JICC)に照会をすることが一般的ですが、信用情報に全ての借金が掲載されているわけではないのです。税金滞納・債権譲渡された債務・個人間の貸し借り・保証人としての債務などは信用情報に掲載されておりません。つまり信用情報に負債データが何もなくても安心できないということです。

どれだけプラスの遺産があったか
調べることはできる?

完璧に調べることは不可能です

ある程度は調べることはできますが、完璧に調べることは不可能です。不動産に関しては権利証や納税通知書などから不動産謄本を請求すれば判明するかもしれませんが、決して完全ではございません。また、預貯金や保険に関しても各銀行や保険会社に照会をかけるしか方法がありません。全ての銀行や保険会社に請求するには膨大な時間と労力が必要なことを考えると完璧に調べることは不可能といえるでしょう。

相続放棄についての
事前知識

相続放棄をお考えの方は
次の各ページを
ご覧いただくことを
お勧めいたしております。

相続放棄

相続放棄を徹底対応!大阪市で相続放棄手続きなら相続放棄手続き支援センターにお任せ下さい。大阪駅/梅田駅近く。土日祝も9時~20時まで対応。相続放棄のご相談は何回でも無料です。

相続放棄の専門サイトへ
電話をする
お問合せ
↑ページ
トップへ